MENU

成長因子(グロースファクター)FGF-7にはどんな効果があるの?

成長因子FGF-7とは、もともと毛髪をつくる毛母細胞のなかにある、髪の毛の成長には欠かせない物質です。

 

この成長因子はグロースファクターと呼ばれ、髪の毛の成長を促し、頭皮環境も改善してくれる優れもの。

 

毛母細胞を活性化させ、血行を促進し、成長期が短くとまってしまった髪の毛を再び成長期へと引き戻す作用があることから、育毛成分として非常に注目されています。

 

成長因子FGF-7を増加させる方法

成長因子(グロースファクター)を増やすには一般的に次の3つの方法があります。

  • 病院やクリニックで注入
  • 個人輸入代行で購入する
  • 育毛剤を使う

病院やクリニックに行けば、頭皮に直接FGF-7を注入してくれるところがあります。医院によって費用はバラバラですが、ある程度のコストがかかるのでそこはデメリットと言えるかもしれません。

 

また、個人輸入代行でも通販で購入することはできますが、海外製の製品は日本の厚生労働省の認可外のものも多く、もし何かしらの被害が出たときに誰も何も保証してくれないというのは事前に知っておきましょう。利用は自由ですが、あくまで自己責任です。

 

こう考えるとやはり、手軽にできてリスクのない育毛剤で増やす方法が一番無難かと思います。

 

最近の育毛剤のなかにはそういった成長因子に特化した育毛剤もあるので、自分に合ったものをチョイスしてみましょう。

 

 

私が使っている「ルプルプ」育毛剤は、低分子したフコイダンの働きによって、このグロースファクターFGF-7を4倍〜5倍まで増殖させる働きがあります。

 

細かな要因は人それぞれ違えど、薄毛になる人はほぼすべてこのFGF-7不足から抜け毛が増えるので、FGF-7を増殖させることは育毛にとっては誰しもにプラスの働きをしてくれるわけですね。増やしておいて絶対に損はない物質です。

 

ルプルプ育毛剤の効果はいかに!?6ヶ月使ってわかったこと

このページの先頭へ