MENU

ルプルプ育毛剤の注目成分「フコイダン」の育毛効果、副作用とは?

 

フコイダンとは、昆布やメカブといった海藻のネバネバした物質に含まれる硫酸多糖の一種で、サプリメントなどに活用されていることで知られています。健康維持にとっても役立つ成分が含まれていて、主に以下のような効果が期待できます。

  • 免疫力強化
  • 活性酸素の消去
  • 抗アレルギー作用
  • ピロリ菌除去
  • 肝機能向上

こういった健康維持の観点からサプリメントなどに使われることが多いフコイダンですが、ルプルプ育毛剤ではこのフコイダンのもう一つの作用に着目しています。

 

その作用とは、髪の成長因子FGF-7の増殖作用。

 

すべての抜け毛の原因には成長因子FGF-7の不足が挙げられます。フコイダン成分はそんな減ってしまった成長因子を450%アップさせることができるんですね。

 

しかも、ルプルプで使用しているのはFGF-7タンパク質生産量の最も多い昆布として知られる北海道産のガゴメ昆布。

 

タカラバイオとの共同研究でフコイダンを通常のものと低分子したものの2種類からアプローチし、フコイダンの成長因子増量効果を頭皮の表面と奥、両方から浸透させることで高めています。

 

フコイダンで成長因子を増殖させることで、毛乳頭細胞も増殖されることがタカラバイオの研究で明らかになっています。毛の成長スピードがフコイダンを塗布したものとそうでないものとを比較すると、明らかにフコイダンを塗布したほうが早くなったそうです。

 

しかも、ヘアサイクルを正常に戻し、AGA(男性型脱毛症)によって)休止期に入ってしまった髪をもとの成長期に引き戻す作用もあるようです。ということはすなわち、抜け毛も減って、髪の全体量も増えていくというわけですね。

フコイダンに副作用はあるの?

 

ルプルプ育毛剤に含まれるフコイダンは、北海道産の天然ガゴメ昆布から採取したもので、副作用や健康への被害などは一切ありません。

 

これはちゃんと実験でも発表されていて、一定量のフコイダンを摂取した被験者に血液検査、尿検査、QOL検査などが実施されたが、いずれにおいても“安全性に問題はない”と結論づけられています。

 

もちろんサプリメントなどの場合は用法容量を守って適切に摂取する必要はありますが、ルプルプ育毛剤に関してはいくら大量に頭皮に塗布したところで、皮膚が炎症したり痒くなったり脱毛したりなどといったような被害はまったくないので安心して大丈夫です。

 

実際に私も半年以上使用していますが、副作用や健康被害などは一切感じたことはありません。むしろ、他の育毛剤と比べても刺激もまったくなくかなりマイルドな使用感だと感じています。

 

このページの先頭へ