MENU

ルプルプ育毛剤は効かない!効果なし!という人たちの特徴


私自身は6ヶ月使い続けてみて、抜け毛も減り薄くなっていた頭頂部も徐々にではありますが改善されてきたので、ルプルプの効果は予想以上にあったと実感していますが、やはりなかには効果が実感できないという人もいるようです。

 

もちろん人それぞれ体質もありますし、個人差も激しいとは思います。誰にでも効く万能薬のような育毛剤などないことはわかっていますが、私が独自に口コミを見てリサーチした限りでは、「効果がない」と言っている人たちにある共通点があることがわかりました。

 

もしかするとルプルプ育毛剤そのものではなく、使う人の使い方に問題があるのかもしれません。

ルプルプ育毛剤が効かない人の4つの特徴

即効性を求めすぎている

ルプルプ育毛剤を悪評している人のなかには、育毛剤に即効性を求めすぎている人がいます。使ったことがある人ならわかると思いますが、育毛剤というのはコツコツ継続してはじめて効果が出るかどうかというレベルです。1本だけ使ったところで効果はほとんどありません。

 

私自身も2ヶ月目まではほとんど効果を実感できず、3ヶ月目からようやく抜け毛が減ってきたという経験があります。育毛剤の効果を判断するにはやはり最低でもそれくらいは使ってみないとわからないものです。

 

毎日ではなく不定期に使っている

ルプルプの使用説明を読むと、「毎日2回、朝と夜に塗布してください」と書いてあります。にもかかわらず、毎日ケアすることを忘れて塗布しない日があったり、朝は忙しいからといって夜しか使わない人がいるようです。

 

もちろんそれでも続けてみれば効果は出る可能性はありますが、やはり指示には真面目にしたがって使ったほうがいいと思います。メーカーだって一番効果的な使い方を書いてくれているわけですから、わざわざ期待効果を下げるようなことを自分からしても誰も得をしません。

 

育毛剤の効果を過大に期待しすぎている

育毛剤を使えば、薄くなったところやツルツルのところから髪の毛がどんどん生えてきて、ツルツル頭がフサフサになる!という幻想を抱いてる人は、ルプルプを含め他の育毛剤の細かな効果や変化も見落としがちです。

 

まず、育毛剤を使っても毛が全く生えていないところから毛がボーボーに生えてくることなんてありえません。ヘアサイクルが短くなり軟毛化してしまった髪の毛を、正常のヘアサイクルにもどしなおかつじっくり育てていって太く強い髪の毛にするのが育毛剤です。

 

長期スパンでじっくりちょっとずつ変化するものなので、過度な期待をよせているとガッカリすることになります。

 

生活習慣をまったく改善していない

育毛剤に頼りきって、薄毛の原因となっているかもしれない自分の生活習慣を一切改めていない人も多いです。

 

底に穴の開いたバケツに水をどれだけいれても、水はたまりません。それと同じように、薄毛要因が改善されていないのに、いくらそこに育毛剤で頭皮にとってプラスなことを与えても、マイナス要因が多ければ結果は出ません。

 

育毛剤に頼るだけでなく、そういった自分で出来る改善を一緒にしていくことで、はじめて抜け毛を減らしたり育毛を促進したりできるわけです。

まとめ

ルプルプ育毛剤を今使っているけど、あまり効果が実感できないという人は、継続しながらとくに生活習慣の改善を行ってみて欲しいと思います。

  • 偏食はしていませんか?
  • タバコは吸っていませんか?
  • 睡眠をきちんととっていますか?
  • ストレスはちゃんと発散できていますか?

そうすることで、ルプルプの効果も出やすくなるうえに、
相乗効果のように効いてくると思います^^

 

あとはやはりじっくり長期目線でみることが大事です。
私もハッキリと薄毛部分が改善され出したのが5ヶ月を越えたあたりからだったので、目安としては約半年程度みておくくらいがちょうどいいのかなと思います。

 

 

1〜2ヶ月目の効果実感を詳しくみる

3〜4ヶ月目の効果実感を詳しくみる

5〜6ヶ月以降の効果実感を詳しくみる

このページの先頭へ